インテックスのおもい

地域の皆さんに伝えたいこと

廃棄物処理という「尊い仕事」から学んだ社会貢献。
衛生環境を守りながら、資源の再生と創出を目指す。
今、次世代につなげたいのは、生活のなかで環境に配慮するという、
誰にでもできるエコマインドです。

人は生活を営むうえで多くのモノを消費し、廃棄物を排出しています。
それらを誰かが運搬して処理しなければ、街はゴミで溢れかえってしまいます。

「私たちがやらなきゃ、誰がやる」
私たちインテックスは、そんな気概と誇りを持って、
日々、廃棄物処理という仕事に取り組んでいます。

私たちの仕事は世間から「キツイ・汚い・危険」と言われていて、
この先、何年経っても人気職種ベスト100位以内には入れないかもしれません。

しかし「世の中に必要な仕事は?」と問われたら、
私たちの仕事はベスト10に入ると自信を持ち、胸を張って答えられます。

日々の事業活動を通して社会インフラを陰で支え続ける。
私たちインテックスはこの「尊い仕事」を通し、地域社会の皆さまに貢献して参ります。

10年後の未来に向けて

10年後の未来に向けて私たちが掲げるプロジェクト。
リサイクル施設・エコビレッジ構想には、
再生可能エネルギーに着目した資源の有効活用と雇用創出、地方創生、
そしてダイバーシティへの私たちの“挑戦”が込められています。

人は生活を営むうえで多くのモノを消費し、廃棄物を排出しています。
それらを誰かが運搬して処理しなければ、街はゴミで溢れかえってしまいます。

インテックスのビジョンは、
「ゼロ・エミッション(環境汚染につながる廃棄物の排出を無くす)の実現」です。

私たちはこのビジョンを胸に、
廃棄物処理を中核事業とするリサイクル施設・エコビレッジの建設を目指しています。

エコビレッジでは、搬入された廃棄物は「受け入れヤード」から
「選別・中間処理ヤード」に運ばれます。木くず・紙くず・廃プラスチックなどは
加工され、発電ボイラーの燃料として役立てられます。

このエネルギーを、自社工場や事務所では、電気として利用します。
発電に伴って得られる廃熱も、隣接した農園で野菜や果物を温室栽培する一役を担い、
その農産物は敷地内に設けられたマルシェで販売、
エコビレッジに訪れた皆さまの食卓を彩ります。

さらに、私たちはそれらの新鮮な野菜を取り入れたメニューを提供する
レストランをオープンしたいと思っています。
そこが地域の皆さんに集う場所として利用されることを、
そして何よりも、このエコビレッジ構想を通して
私たち自身が近隣で暮らす方々と出会う機会を得られることを夢見て。

株式会社インテックス 代表取締役金山 昇司