未来に向けて

10年後の未来に向けて

インテックスホールディングスは「ゼロ・エミッションの実現」を経営ビジョンに掲げ、廃棄物処理を中核事業とするリサイクル施設「エコビレッジ」の建設を目指しています。

10年後の未来に向けて立ち上げた「エコビレッジ構想」は、再生可能エネルギーに着目した資源の有効活用と雇用創出、地方創生、そしてダイバーシティへの私たちの挑戦です。

エコビレッジでは、搬入された廃棄物は発電ボイラーの燃料として役立てられ、このエネルギーを自社工場や事務所で電気として利用します。発電に伴って得られる廃熱も、隣接した農園で野菜や果物を温室栽培するために使用し、その農産物は敷地内に設けられたマルシェで販売します。

さらに、それらの新鮮な野菜を使ったレストランをオープンし、地域の皆さまが集う憩いの場所、そして私たちが近隣住民の方々と出会える場所にもしたいと、エコビレッジの未来図を描いています。

地域の皆さまに伝えたいこと

廃棄物処理という「尊い仕事」から学んだ社会貢献。
衛生環境を守りながら、資源の再生と創出を目指す。
今、次世代につなげたいのは、日常生活の中で環境に配慮するという誰にでも持てるECOマインドです。

人は生活を営むうえで多くのモノを消費し、廃棄物を排出しています。
それらを誰かが運搬して処理しなければ、街はゴミで溢れかえってしまいます。

「私たちがやらなきゃ、誰がやる」
インテックスホールディングスは、そんな気概と誇りを持って、日々、廃棄物処理という仕事に取り組んでいます。

私たちの仕事は世間から「キツイ・汚い・危険」と言われ、この先、何年経っても人気職種ベスト100位以内には入れないかもしれません。

しかし「世の中に必要な仕事は?」と問われたら、私たちの仕事はベスト10に入ると自信を持ち、胸を張って答えられます。

日々の事業活動を通して社会インフラを陰で支え続ける。
私たちはこの「尊い仕事」を通し、皆さまの暮らしと地域社会に貢献してまいります。

株式会社インテックスホールディングス
代表取締役金山 昇司

SGDsインテックスの取り組み

ゼロエミッションの徹底

資格取得支援制度の設置及びキャリアプランの可視化ほか、外部講師による研修

社会問題「空き家活用」への取り組み

エコビレッジ構想 木材チップによる、温室栽培農業

高齢者及び特別支援学校の生徒に対する積極雇用

IT化によるシステム導入で配車の効率化による排気ガスの低下

外国人の積極雇用と働く環境の施設整備

育児休暇・イクメン休暇、医療手当、介護給付、結婚・住宅祝金ほか、従業員へ向けた福利厚生制度の充実

安全な産業廃棄物処理とリサイクル技術の革新 再資源テコラ

5年で稼げるチカラが身に付く社員教育制度の拡充

IOT開発による未知領域への基盤づくり

お問い合わせ・ご相談は随時受付中

事業所の産業廃棄物からご家庭の不用品・粗大ごみまで
収集運搬、処理、回収・買い取りなど、何でもお気軽にご相談ください。

086-250-7800

受付時間/8:00~17:00(土日除く)